に投稿

管理方法に注意

基本的にトランクルームの料金は賃貸物件よりは安いとされているため、引越しの際などには、是非書籍の整理整頓と合わせて、トランクルームの検討と、それによる生活スペースの見直しをしてみるというのも、書籍のためにも自身の生活のためにも良い結果に繋がっていくのかもしれません。

書籍の収納にトランクルームを利用する際は、「温度・湿度の管理」「セキュリティ」「利用可能時間」などに注意しておくと良いでしょう。

業者によって営業形態は異なりますが、一年を通して一日中出入り可能であるといったトランクルームが近所にあるならば、書籍の収納のためにトランクルームを利用し、書籍の分のスペース確保を考えることなく、自分の生活に応じたスペースの部屋を借りることで、家賃の節約にもなると言えるのではないでしょうか。

ただ安いという点だけで契約してしまうと、大切な書籍を傷めてしまったり、勝手が悪く、結局しまいっぱなしになってしまい、何のための収納なのかという事態に陥りかねないで注意しましょう。

に投稿

GMSの発展・拡大

日本の小売り業界の近代化により、大型・総合スーパーマーケットが大きく発展し流通業界でGMSとなっていきました。GMSが現れたことにより大量生産・大量販売のシステムが安定した品質と供給を市場にもたらし、低価格で商品を提供できるようになりました。今までの、時間がかかる上に大量生産出来ない手作りのモノとは違い欲しい時に、手頃な価格で商品を購入出来るようになったのです。モノを買い求め、消費することが良しと考えられる時代になり、「客」は「消費者」となりました。そのあとGMSの展開は拡大し続け、百貨店を抜く勢いで小売業の売り上げ日本一となるまでに上り詰めました。GMSやスーパーマーケットの登場は、消費者の生活の質を向上させる大きなきっかけとなりました。

に投稿

ほど良いキョリ感と住まいの空間

住宅空間のなかでキッチンは女性の城などとも呼ばれることがあるようですが、毎日使う場所だからこそ、家族の皆が快適に気持ち良く使えるようなスペースにしたいものです。比較的女性がいる時間が長いとされるキッチンは、家事を任せられる女性の身体サイズによって間取りが行われたり、カウンターなどの設備のタイプやサイズが決められることが多いようです。

最近ではキッチン・ダイニング・リビングが隣接するようなタイプの住まいのレイアウトをお求めになる建主さんが多いとされているようですが、キッチン・ダイニング・リビングを隣接させることによって、家族の気配が感じられるほど良いキョリ感が生まれるようなのです。皆さんにとってご家族との程よいキョリ感や空間はどのようなレイアウトになるのでしょう。

に投稿

庭園に囲まれた都心マンション住まい

庭園に囲まれて毎日を過ごすという生活への憧れは、都心であれば尚更のごとく強くなるのが人情と言っていいかもしれません。交通アクセスが良く自然に恵まれていることで知られる東京の北区でも例外ではありません。北区駒込は、庭園に縁とゆかりのある地として知られていますが、そんな土地ならではと言えそうなマンションが建っています。そのマンションでは、敷地内に洋風の庭園と日本庭園という和洋の庭園がそろっているようです。庭園は造るのも大変ですが、それを維持していくのはさらに手間がかかると言われています。駒込は、もともと「六義園」という有名な庭園のあることで知られた土地で、土地柄だからと言ってしまえばそれまでですが、住んでいる人にとってはこれほど有難いサービスはないと言えるかもしれません。

に投稿

自然を身近に感じられる駒込エリア

都心に住むからといって「みどり」を求める気持ちに誰しも同じで、身近にみどり豊かな公園でもあればどんなにか有難く感じることでしょう。

人が無意識のうちにみどりを求めるのは、もともと野生の暮らしから進化していった人類の起源に由来するのかもしれません。

そうは言っても、都心で住まいを探すとなるとなかなか思い通りにはいかないのが世の常ですが、そんな人にご紹介したいのが北区駒込エリアです。

北区は23区のなかで住みやすい街ランキングのベスト10に入る人気ある街として知られていますが、自然に恵まれ人情味の熱い土地柄というのが根強い人気の秘密と言われています。

中でも、駒込エリアはJR「駒込」駅南口を出て徒歩7分で江戸二大庭園の一つ「六義園」があり、交通の便の良さも加わり都心マンション派の人たちにとって見逃せない候補地の一つとなっています。

に投稿

床暖房

一般的な住宅環境のなかでは「暖房設備」と申しますと「エアコン」「ガスファンヒーター」などをイメージされる方が多いかもしれませんが、その他にも床暖房、薪ストーブなども利用される幅が広がりつつあるようなのです。特に「床暖房」は、部屋の乾燥を抑え、ホコリやにおいも発生しにくいとされ、理想的な暖房設備として多くのご家庭で利用さているようなのです。床暖房は、電気式と温水式とに分かれているとされ、それぞれの初期費用やランニングコストなどの違いがみられるようなのです。また外出からの帰宅時に、電源をONにしてからの立ち上がり時間や使用中の温かさのムラの有無なども踏まえることでユーザーたちからの支持を仰いでいるようです。

に投稿

給湯器と省エネ

「給湯設備」は、キッチン、バスルーム、床暖房などに、お湯を供給するための住宅設備となるようです。普段は日常生活のなかでの目立たない場所に設置されていることがほとんどではありますが、その働きぶりによって私たちの生活の快適さが保たれているようなのです。一般的な住宅における給湯器の熱源は、「ガス」「電気」「ガスと電気のハイブリット」などが主流となっているようなのです。最も一般的な給湯器として知られている「ガス給湯器」とされ、次いで「電気給湯器」「ガスと電気のハイブリッド型」の給湯器にもさまざまなメリット・デメリットをもって利用されているようなのです。最近では地球環境の保全を考えるなかでも住宅環境のなかにも省エネ設計が求められてきているとされ給湯器の選び方にも大きく反映されているようなのです。

に投稿

キッチン設備「コンロ」

キッチン設備として「コンロ」の買い替えを行うような場合、ガスを使用されている方は「コンロ」の製品選びとして、お使いのガスの種類をまず明確にされることが重要とされているようです。ご自宅でお使いのガスの種類に適さないガスコンロを使用されますと、場合によっては火災や不完全燃焼につながるとされ厳重な注意が必要となるようなのです。ガスにはまず「都市ガス」と「LPガス」があるとされ、ガスコンロ側には「13A」「12A」「6A」「5C」「L1」「L2」「L3」などのガス種別を示すラベルが貼ってあることをご存じの方もいらっしゃるでしょう。その他、ガスを使用する住宅設備として給湯器などにもそのような表示を目にされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

に投稿

健康な住宅環境について考える

健康的な住宅環境とはどのような要素が求められてくるのでしょう。近年の家づくりを垣間見ていきますと、室内のいたる素材に化学物質が使用されているようにも感じます。高温多湿な日本の夏の気候を乗り越えるうえで、住宅の「断熱性」「気密性」が重要なポイントとされているようです。住宅環境における「断熱性」「気密性」は省エネな暮らしを支えるうえでは必要不可欠な要素とも言われ、室内を快適な温度にするための冷暖房設備に使用されるエネルギー使用を軽減させることに結び付くとされているようなのです。近年、住宅環境を取り巻く住宅設備の変化は著しいものがあるようですが、室内の壁、床、天井などに使用されている素材に含まれている化学物質がときに問題視されるようなこともあるとされているようです。